印鑑

今日は、銀行員の方が来られて、年金の開始の予約をしてくれないかと言われました。私は、57歳なので、年金受け取り開始の年齢まで8年あるのですが、随分と早いなと思いました。

予約をしてもその銀行で絶対年金の受取りをしなければいけないわけではなく、受取り開始の頃になったら連絡があって受取りの手続きをしてくれるということでした。

特に束縛もなかったのでやってもいいかなと思って、書類を書くことにしました。その書類に印鑑を押さなければならないのですが、銀行に届けている印を押さなければいけません。

その届ている印鑑がどれか忘れてしまったので、困ってしまいました。今の時代は、ネットやATMで振り込んだり、現金を引き出したりできるので印鑑を使う機会も少なくなっていると思います。

でもやっぱり印鑑は重要で、大事な場面では必要になります。印鑑といえば、認印や銀行印も大事ですが、実印となると更に大事になります。

いくらカードやパソコンなどで便利になっても印鑑の重要性は変わらないと思いました。

実印のことが気になったので、ネットを見ていましたら、勉強になるサイトがありました。<実印どこで.com>

このサイトでは、実印をいつ作ったらいいか、または作る時のポイントなどが書かれていました。

これからコンピューター社会がいくら発達しても実印など印鑑についての知識はもっておいた方がいいとあらためて思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です